2019年3月20日(水)~ 23日(土)開催の日本薬学会第139年会ランチョンセミナーにご来場いただき、誠にありがとうございました。

 

慶応義塾大学薬学部・薬学研究科の松元一明教授の司会進行のもと、compReteの発案者である熊本大学大学院生命科学研究部・薬学部の近藤悠希先生より『薬局薬剤師が主導する腎機能を考慮した医薬品適正使用』について講義をしていただきました。

 

 

おかげ様で多くの先生方が足を運んでくださり、会場内は席が足りず、立ち見が出るほどでした。ランチョンセミナーが終わってからも質問が多く、テーマへの関心の高さを改めて感じる機会となりました。
139年会
139年会